スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年09月25日 [23:08] コミックレビュー 

スミレ17歳!!/永吉たける



アイデア勝負? 一発モノ?
いえいえ、そんな生半可な言葉で片付けられる作品ではありません。

マガジンでの数回にわたる読み切りを経てマガジンスペシャルで連載を開始、ついに1巻発売となった本作。
一読してもらえればお解りかと思いますが、主人公の「四谷スミレ」は人形で、本体は人形の背中に手を突っ込んだ黒づくめのヒゲオヤジです。そんなオヤジが高校に転校してきたところから始まるハートフル学園コメディ……ってギャグで言ってるんじゃありません本当です。
当然のことながら、初めの周囲の反応といえばドン引きの一言。ただし教師をはじめとした学校側においては、ほぼ全員が<死んだ目>でオヤジの存在をスルーしているため、「なぜオヤジが高校生活を送れるのか?」といった根本的な問題はとりあえず生じません。

1巻の1話ではそんな受け容れ難い状況のなか、オヤジの不良に何度殴られても立ち上がる不屈さと、「自分は17歳の女子高生だ」と言い切る近年稀にみるアイデンティティーに生徒達が心を打たれ、オヤジをスミレとして、ではなくスミレとオヤジの両方を迎え入れるというオチで締めます。

2話以降は基本的なスタンスとして、生徒を一人ずつピックアップさせた1話完結型のストーリー展開となります。
ひょうきんでキモいオヤジの愛らしさと、やたらと首が取れるスミレの無機物ぶりを売りにしたギャグを絡めつつ、きっちりと青春物として綺麗にまとめています。オチはしつこいくらいに「十年後、夢を叶え世界へ羽ばたく」というベタなものですがw

2巻からは、仲良し三人娘とスミレに恋してしまった不良少年・アキラや、猫被りのブリっ子転校生、大村咲などサブキャラの確立を見据えたストーリー展開にシフトしていきますが、マガジン移籍に伴い唐突に終了。スミレの年齢が1歳下がり(1年前の物語?)タイトルも「スミレ16歳!!」と冠して再スタートと相成りました。

これについて残念なのが、せっかくピックアップされてキャラが立ち始めたアキラや咲、オヤジの最大の理解者である親友の三人娘などのサブキャラたちが全員馘首されてしまったこと。使い捨てにするには勿体ない気がしてなりませんが……どちらにせよ週間連載となった「スミレ16歳!!」を見守りたいと思います。


変態オヤジを中心として「イイ話」が展開されるギャップに魅力を感じる人も多いのではないのでしょうか?
表紙は割と簡素でアピール度もさしてありませんが、青春物としてもスラップスティックとしても評価の高い良作であることは保証できるでしょう。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。