スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年05月15日 [23:25] コミック感想 

ドージンワーク(3)/ヒロユキ



昨今における同人業界、特に同人誌制作・即売会の(人間)模様等を赤裸々にかつコミカルに表現した4コマ漫画、「ドージンワーク」の第3巻。

驚いたことにアニメ化決定だそうで。際どいなぁ……(;^^
この漫画(やヒロユキの同人作品)の売りはサラッと過激な下ネタだと思うので、そこが放送規制によって薄味になると……という不安があったりなかったり。
もちろんジャスティスなどキャラ自体の魅力はあるので、最終的に面白い作品に仕上げることが出来るかは製作スタッフの手腕に掛かってくるのでしょうが。
3巻では新たに星純一郎の兄・龍一郎が登場。この弟にしてこの兄あり、変人ですw 変態というよりは、変人。
主だった新キャラは彼だけですが、少ない登場人物できちんと話を転がせるのは素直に尊敬できますね。


ネタ出しで苦しむなじみを中心に皆で海水浴に行くことに。
部屋の掃除とかなら可愛いものですが、かなり本格的に現実逃避しようとしてますねw
ライバルの二道かねるをおびき出していい様に使う強かさも見せたり。いや、なじみが一枚上手というよりは、かねるがお子様過ぎるのが問題か(;^^

また、ジャスティスに怯える星が面白すぎます。この作品は女性キャラが割かし冷めた感じのやり取りをしているのに対して、男性キャラ(この時点ではジャスティスと星だけですが)のアツさが際立っていていい感じです。

かねるは退屈に任せて砂で可愛い熊をこしらえていましたが、実は結構器用? しかし名前がアイオロスってw


星の兄が登場、いきなり出オチ級のルックスと強烈なキャラ立ちを見せたり、なじみに手を握られただけで「惚れている」と勘違いしたり。作者はキモくて面白い男を描かせたら強いですなぁw

何故か合同誌を作ることになり更に何故か同棲生活まで送ることになった(親に何といったのでしょう?;)なじみとかねる。
かねるのお子様ぶりが遺憾なく発揮され、年齢的に真逆の母子関係が成立してしまいました。
それでも即売会の会場ではあくまでライバルなんですね。不思議な関係だ。

さて、30部を売り切って自信をつけたなじみが調子に乗って1,000部を全国の同人ショップに卸すという自殺行為を成し遂げたところで3巻は終了……露理は一切止めないところが悪魔ですねw ソーラが一番まともというか大人(最年少なのに)。かねるもシンクロしたのか同じく1,000部刷ったって……それはさすがにヤバいでしょう(;^^

二人の運命やいかに……。
スポンサーサイト

Re Comments.

『まきで』 
色付きの文字キ[/色付きの文字色][色:0066CC]で
2007/05/16(Wed) 17:43:18 | URL | miyakenさん #-[ Edit.]
『了解』 
>まほさん
今週いっぱいで終わるから待ってて><
ちなみに記事の内容にそぐわないコメントは今度から消しますよ。
2007/05/17(Thu) 14:00:29 | URL | AKHUAさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。