スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月26日 [01:09] コミック感想 

苺ましまろ(5)/ばらスィー



私的、「すごく面白いのに他人に薦めにくい漫画」堂々第1位のシュール・空気系ショートギャグ漫画、「苺ましまろ」の約2年ぶり(!)となる新刊がついに発売されました。

ここ数年で多くのギャグ漫画に触れてきて、それなりに笑いに対する免疫、耐性がついたと思うのですが、雑誌でちょくちょく追っているにもかかわらず初見で何度も腹筋がぶっ壊れました(;^^

何と言うか……プロの漫画家に向けて放つには適さないのですが、キャラクターの台詞や仕草のセンスがずば抜けていますよ。本当に。

この作品はいわゆる「萌え・シュール・ギャグ」といったカテゴリに属しているとされていますが、既に新たな一ジャンルを形成しているような気がします。上手く表現できませんが。

あと絵柄が全体的に丸くなってる気がw 一瞬「初期の作品か!?」と疑ってしまった箇所もありました……特に伸恵の見た目幼児退行化は顕著です。
41話ではアニメの20歳設定を嘲笑うかのような伸恵のブッチギリっぷりが露わになりますw
何が驚きって、中一で喫煙をしていることよりも、年代ごとに喫煙シーンがアルバムに収められていることですわ(;^^


42話とか、普通にOVAの方が単行本よりネタを先取りしちゃってましたが。伸恵のバイトネタは2度目ですが、今回は始める前から美羽の邪魔が入りましたねw

それと、アナの財布にはサラッと諭吉が3人……(;´Д`) 美羽は最後までしもべを貫き通したのが偉い。


43話はオチが秀逸過ぎる。「シュール」とは言いますがそれはイコール「オチ放棄」ではないことが改めて実感できます。


44話、この話はアニメ(OVA)での掛け合いが思い出されて二倍笑えました。むしろアニメの方が……あっちは確か帰宅時の振りがアナでしたし。


45話は美羽が終始相手にされないという話。一部ブロガーによって論議を醸した、「美羽はだんだんハブにされてきている!」説の証左としても取り上げられていますね。


46話。テレビジョン!(伝染)
美羽と千佳はそれぞれダウンタウンの松ちゃんと浜ちゃんをモチーフにしているという噂ですが(実際、誕生日という共通項があるようで)、この話はそんなダウンタウンのコントの一節を見ているかのような気分になります。


47話、美羽は自分でも買っていたと豪語しつつ千佳のを食べようとしてたんですか……。
かくれんぼも含めて、この辺の「小学生らしさ」の見せ方がすごく巧いです。


48話。茉莉の将来は確かに心配になりますね……。
てか、アナが転校してくるまではどうやって生きてきたんでしょう?(;^^

周囲を威圧する格好、これに吹かない人は凄いと思いますw 別に尊敬とかはしませんけど。


問題作?の49話。美羽が「登場しない」のではなく、あくまで画面の脇で存在感を読者に感じさせつつ「話の展開に一切絡まない」という非常に実験的な回であると考えられます。また、あくまで「美羽の置物化」が一つのギャグとしてこの話の根本たらしめているのかもしれませんが。

で、先述の「美羽ハブ説」はまずこの話を引き合いに出した後、その他の事例について言及している記事が多く目に付いたのですが、私自身としてはこの話に悲観的なイメージは一切持たなかったのが本音です。
むしろ45話からの流れで、裏表紙と目次絵で一人遊びしており中表紙では一人だけ窓の外にいる美羽の方に胸が締め付けられるわけですが……こっちの方が、深読みで済まされない何かが感じられますし。

むしろ49話で特筆すべきは、美羽の代わりに何度もどつかれる千佳のがんばり物語だと思うのですがどうでしょう?


50話は49話で動けなかった分を取り返さんとばかりに騒ぎまくる美羽たち(千佳除く)。この話が直後にこういう形で来なかったら、正直件の美羽の扱いが深刻なものとして捉えられて然るべきではないかと思いましたが、千佳と親友であるという確約もとれたようで、しばらくは安心でしょう。


51話ほぼ1Pギャグ主体。こういうのもアリですね。ギャグのキレもいいし。
美羽の鏡ネタには爆笑。この動画も紹介せざるを得ませんねw


さて……第6巻は2年後には出るんでしょうか……ばらスィー先生、頼むから仕事s(略
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。