スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月12日 [18:18] コミック感想 

のだめカンタービレ(18)/二ノ宮知子



千秋の転居騒動からRuiの苦悩、千秋とヴィエラ先生の再会にのだめのサロン・コンサートまで。
長期作品としての安定期?に入ったのか、漫画特有のご都合主義的に切り取った大きな展開を詰め込まず緩やかに、それでいて着実に表れている変化を描いた18巻。
「勉強に集中したい」という理由で住み慣れた部屋を後にする決意をした千秋。
のだめと千秋の関係には、恋愛より先に音楽があるんでしょうね。だからこその別居か。
別に共依存にあるとか互いに良くない影響を及ぼし合っているようには見えませんが、ちょっと距離を置くとすぐ変態の森シックに陥る千秋は微笑ましいですねw 逆に意外と平気なのだめは女の強さを持っているような。

Ruiメインのエピソードは長めでしたね。天才と謳われた彼女にも悩みが。
その病的なまでにドライで余裕の無い性格のせいでオクレール先生や母親に対して上手くいかなかった、と。
しかし、千秋も罪な男よのう……。

千秋はのだめのサロン・コンサートへ向かう途中でヴィエラ先生との運命的な再会を果たし、リハの見学を優先してしまいますが、のだめはコンサートを滞りなく成功させました。
思うところはあったのでしょうが、のだめも成長したととっていいのかな。


関連記事:
のだめカンタービレ(17)
のだめカンタービレ(16)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*のだめカンタービレ(18)/二ノ宮知子* のトラックバックURLはこちら
  • http://comicure.blog48.fc2.com/tb.php/135-e8181587
  F.S.S.DESIGNS 1 EASTER;A.K.D. 発売当初に見て、結構違和感を感じて馴染めなかったのを覚えています。多分新作イラストが、それまでの物とはデザインや色がかなり違ったからだと思います。AKD正装など、何と言うか、禍々しい、普通じゃない感じがして、これはこの先本編が再開したらAKDは悪役色が濃

2007/09/28 06:48:21[なごみのブログ]

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

    管理者:AKHUA (あくあ)
    後天的漫画オタク。 私財の4割を漫画、7割を趣味に費やしてます。

    AKHUA

    コミックダッシュ! AKHUA の所有コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。