スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月24日 [22:22] コミック感想 

ヤンキー君とメガネちゃん(3)/吉河美希

ヤンキー君とメガネちゃん(3)

4巻はとっくに発売されていますが3巻の……というかまとめてやればよかったのか(;^^
いや、それもまた変な感じがするので、まぁ時期外れではありますがしばしお付き合いください。

3巻では品川・足立の漫才コンビにレギュラーが2人も加わるという広げ方。千葉君の方は一呼吸置いてからの再登場というややイレギュラーな形での加入と相成りました。
前巻に引き続き、渋谷編……のいきなりクライマックスですw
伝家の宝刀、花キック再び。
当然、裏の連中にも存在を知られており、不良からヤーさんに至るまで彼女の知名度たるや恐ろしいものがありますな。

しかしこの話は巻跨ぎしない方が良かったような気がしますが……何となく。


その後はしばらく単発ギャグ回が続きます。

インフルエンザの回ではバレンタインチョコを渡す花がちょっとツンデレっぽかったりw てか普段繰り返してるおバカな行動でさえ照れ隠しのポーズなんじゃないかと勘違いしてしまいますね、品川でなくとも。男なんてそんな生き物です(;^^

マラソンの回はデブの名無し君の存在が最高過ぎましたw
背景キャラの上手い使い方だと思います。きちんと落としてるし。


千葉がひきこもりを脱し、顔出ししたと思ったら長身で強面だったというギャップがまた良いですね。
そしてギャップといえば、品川の数学の点数にも驚きw
しかしああも数学の点数だけ高いと、教師陣はカンニングを疑うと思うのですが……なかなか空気の読めるお人好しな先生達じゃないですか。


続け様に登場したるは転校生の小動物系ギャル、姫路凛風。
こちらはバックグラウンドとなるエピソードも無く緊急増員?風な雰囲気がありますが、さてさて。


関連記事:
ヤンキー君とメガネちゃん(2)
ヤンキー君とメガネちゃん(1)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。