スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月09日 [23:46] コミック感想 

CYNTHIA_THE_MISSION(5)/高遠るい



5対5のチームバトルが勃発、その各チーム出場者が確定するまでを中心に描いた第5巻。
ストーリー序盤で横暴の限りを尽くしたあのキャラがかませ認定されたり、強さの基準がイマイチ分からなくなってきたという本音は置いておいて、試合の結果はやはり気になりますね。
まず登場したるは、シベールに積年の恨みを抱く"舌打ち師"・宝 凌羽と、野生のネコに育てられたというとんでもない設定を持つ人類ネコ科・猫堂聖夜
後者はシベールサイドが獲得。舌打ちさんは後述。


と、ここでいきなり弑VSシベールの死闘が繰り広げられます。そういや因縁ありましたね……お姉ちゃんにとって、シンシアを連れ戻す意味合いでも彼(彼女?)の存在は気に入らないのでしょう。
相変わらず格闘シーンはイタイ描写の連続で背筋がゾゾッとなりますが、弑の腕時計型麻酔銃には吹いたw
そして姉にコマの隅で殴る蹴るの暴行を受け続け吐瀉物の海に沈む主人公ノ図は憐れすぎる……(;^^


久々登場の無痛症サイコ少女・中塚侑実子。人外の力で脱走を図るも、それをあっさりと阻止したのが檎桐鸞、淋のお姉さん。
対抗試合に参加し助けて欲しいと懇願する淋との姉妹バトルがとても楽しかったです。たぬきの置物とかw
「青い、青い」と言いながら姉妹愛全開の姉ちゃん、いいですな~。

で、宝は紫水サイドに就かんと連絡を入れるも、謎の暗黒仮面「ノワールX」の加入により「間に合ってます」と一蹴される始末w
結局シベールサイドにコウモリせざるを得ない惨めさといったらありません(;^^


そしてついに始まったガチバトル。
初戦のカルロスVS聖夜は圧倒的な力量差でカルロスに軍配が上がりそうな雰囲気ですが、果たして……?


関連記事:
CYNTHIA_THE_MISSION(4)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。