スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月11日 [13:33] コミック感想 

ろりぽ∞(3)/仏さんじょ



7ヶ月ぶりの新刊。ですが、10ヶ月ぶりのレビューです。あれぇ~?
って、これを言い始めるとキリがないので自重しますが。その前に自嘲しときます。お、上手いなコレ。(ぉ

対戦型メイド喫茶漫画ということで、敵はあらゆるバリエーションを以って個性をアピールしなければいけない。そのため、3巻ではゲーム喫茶に加え巫女茶屋なるものまで登場、既にジャンル突き抜けてるだろといった野暮なツッコミはさておき、何だかんだでイムさんの絵が好きなので買ってますw

そういえば帯のアオリが普通になってきた。
ゲーム喫茶【Rafale】とのメイドコンペは格闘ゲームではなくクイズゲームでの一騎討ち。って、それなんてQMA?
ジャンル「一迅社」、思い切り内輪ネタなのに何故か笑えますw 『絵本「風太くん風太くんどうして立ち上がったの?」は売れた?売れない?』は編集部も認めた自虐ネタとして解釈してよろしいですか(;^^

Rafale側は、格ゲーからみのりの得意なクイズゲームに切り替えて二人に少々の優位性をチラつかせることで、「ゲームに勝利しなければならない」という非公式のローカルルールを無意識的に容認させ、ホームでの対戦を強いようとしていたわけですか。なるほどー。

しかしみのりは天才主人公補正発揮?により勝利。「ドジっ娘-危害=ダメっ娘」の図式ですかw


続いてはメイド喫茶破りのイギリス人コンビによるメイド喫茶【U・K】と、巫女茶屋【千草】が登場。

前者は総理失脚を目論む国外組織の一員のようで。しかしジョン(偽名)は生粋の外人ヲタクで、ある意味この作品で一番ディープな存在ですw

千草に関しては読み返して気付いたんですが作品内でセルフツッコミがありましたね(;^^
メイド喫茶の定義は「萌えるか否か」ってアンタ!w

ところで宗像三姉妹の次女の「気弱なのにツリ目というだけでボーイッシュキャラを演じさせられる」ギャップが個人的に特大ヒットでありました。


関連記事:
ろりぽ∞(2)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。