スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月01日 [21:59] コミック感想 

真月譚 月姫(5)/TYPE-MOON・「真月譚 月姫」製作委員会(原作) 佐々木少年(作画)



当ブログ初紹介。

前巻の発売日がブログ開設の5日前だったので、この時期での初紹介になります。空前の大ブームを巻き起こした同人ゲーム「月姫」のアニメ作品である「真月譚 月姫」のコミカライズ、第5巻です。

アニメの方は正直、原作ファンをまとめて敵に回す結果になってしまったわけですが(詳細については割愛)、漫画版は非常に高い評価を得ています。筆者にもさしたる不満要素が見当たりません。

これはやはり作画担当の佐々木少年の「漫画力」によるところが大きいでしょう。
ストーリーはアニメ準拠(他キャラルートをつまみ食いしながらのアルクルート)でありながら、ただなぞるわけでなく追加エピソードを加えつつ丁寧に描写しています。
作画も非常に高い水準で安定していますし、何より絵のタッチが原作のキャラクターデザインを担当した武内崇のそれに通ずる所があるため、原作の絵に慣れ親しんだ人でもすんなり受け入れられたのではないでしょうか。
シエルに自分はロアのことを知っていると漏らす志貴。だが、幼少まで記憶の糸を辿ってみてもその存在を思い出せない。しかし遠野の屋敷を見上げたとき、記憶の扉が開きかけた……。

直後の秋葉、翡翠、琥珀の各々の振る舞いは着目すべき点かと。
志貴が思い出さないようにと過去をひた隠す秋葉、何かと自由の利かない志貴を想って外出や詮索を敢えて見逃す翡翠、琥珀は……遠野家ルートの設定を持ち出して適用するのは正しいのか不安なので微妙なところですが、まあ本作では彼女の腹の内まで語られることはないと思いますのでスルーですかね。琥珀の膝枕がカットされたのは志貴のギャルゲー主人公色を抑えるためか(別に志貴は疚しい行動をとるわけじゃないですが)、単に展開上不必要とされたためでしょうかw

アニメでは象徴的な場所である遠野家敷地内の休憩所のような一角ですが、原作ではありましたっけ。原作忘れてるなぁ……(;^^


アルクとのデートの描写も緻密かつ丁寧に描かれていて最高です。や、ラブコメに浸りたいというわけじゃなく……ここでの二人の会話は非常に味わい深い哲学を秘めているんですよね。そして謎の多い存在であるアルクェイドの本音が多く聞けるのもこのエピソードだけですし。

そして夜の公園、志貴の些細な失言から吸血鬼として覚醒しかけてしまったアルクェイド。本能を振り払おうと死者をバラしまくるアルクと志貴が対峙してしまい……と、ここで引きですか!


物語も後半、というかあと1~2巻で終わりかな?
個人的には同作者による遠野家ルートも読んでみたいですが……さすがに難しいか(;^^
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。