スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月05日 [15:14] コミック感想 

ひぐらしのなく頃に解 目明し編(2)/竜騎士07(原作) 方條ゆとり(漫画)



「ひぐらしのなく頃に解 目明し編」の第2巻。
罪滅し編に引き続き、3巻構成であることが判明しましたw

この巻では原作における起承転結の「承~転」にあたる部分が描かれており、既にひぐらしの持ち味とも言える「日常世界からの転落」が完了してしまったことが窺えます。

ところで、何人かのひぐらし識者である知人の話を聞くと、一連の「暴走した詩音」に対する評価が真っ二つに分かれていて面白かったです。
当然、詩音を受け容れられるか否かに正解・不正解があるという話ではないのでしょうが、ひぐらしの根本の真相を概ね理解した上で、目明し編の詩音の心情を投影、感情移入できるかどうかで違った意見が出るものなのかな、と思いました。
悟史のアリバイを工作しようと腐心する詩音。
おもちゃ屋の前で姿を現した大石がやたら醜悪そうに描かれていて笑いましたw あぁ、コレってもしかして詩音視点だから○○○○○○を表現した描写なのかな。

詩音が正体を明かす所は何かイイですね。一杯食わせてやった、みたいな感じでw


しかしその代償は大きく……ひぐらし屈指の身悶えシーンその一が投入されます。ギャー!

爪を剥いだことによる「けじめ」も空しく、悟史は謎の失踪を遂げてしまいます。
北条の叔母を殺害したとされ獄中で自殺?した異常者は犯人に仕立て上げられただけなのか、そして園崎本家は悟史の失踪に関係しているのかどうか。解答編なのに溢れ出さんばかりに次々浮上する謎(笑)。かなり敷居の高い構成ですが、ぶっちゃけここまでひぐらしという世界に尾いて来られた読者ならば、きっとそれなりの覚悟は出来ているでしょう(;^^


そして舞台は昭和58年6月へ。
「熱血漢」で「地雷踏み」を特技とし、現代作品における主人公(ヒーロー)スキルを余す所なく保有する我らが前原圭一がついに登場しますw


悟史と圭一に共通したエピソードを持たせ、詩音が悟史を好いたように魅音が圭一を好くという演出が何ともニクいですね。と同時に、その歯車も詩音を狂わせる要因の一つに過ぎなかったのですが……。

1年の歳月は悟史への愛情を100%繋ぎ止められず、一瞬圭一に傾きかけてしまうのも……まぁ「あるある」な心理ではありますが、不安定な詩音にとっては致命的な罪悪でしかないのでしょう。


祭具殿に忍び込み、共犯の富竹と鷹野が殺されたことで後に退けない状況に陥ってしまった詩音。
逆境に弱く煮え切らない性格の魅音と過激派の詩音の対比がMAXに顕著になってきました(;´Д`)
それでも、何度も信じようとする姉妹愛は双子の絆の強さの証明と言えるのではないでしょうか?

……2巻ラストのコマの詩音はもうどの角度から見ても手遅れですが……。


関連記事:
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編(2)/竜騎士07(原作) 鈴羅木かりん(漫画)
ひぐらしのなく頃に解 目明し編(1)/竜騎士07(原作) 方條ゆとり(漫画)
ひぐらしのなく頃に 宵越し編(1)/竜騎士07(原作) みもり(漫画)
ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編(1)/竜騎士07(原作) 鈴羅木かりん(漫画)
ひぐらしのなく頃に 暇潰し編(2)/竜騎士07(原作) 外海良基(漫画)
ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編/竜騎士07(原作) 鬼頭えん(漫画)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。