スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月15日 [15:35] コミック感想 

Present for me 石黒正数短編集/石黒正数



「それでも町は廻っている」の作者である石黒正数の短編集。「それ町」3巻と同時発売でした。

常鱗凡介の漫画家とは決定的に違うセンス、そのルーツを辿ってみたいという純粋な知的好奇心……そんなこじつけみたいな言い回しは好かんので単純に作家買い、と称しておきましょう。
【ススメ サイキック少年団】
設定は必要最小限、少人数の登場人物で速めの展開。まさに一話完結の短編、といった構成の作品ですね。
私は習慣的に扉絵はじっくり見ないので、そのギミック(ボケ)には全く気付きませんでした><

洞察力貧困が露呈してしまったようで悔しい。


【Present for me】
表題にもなっている作品。単行本の表紙イラストはこの話の数年後を描写したもの、らしいです(ソースどこだったかな……見れば判るけど)。

初めて読んだときのインパクトは計り知れません。
なんだろう、自分の今まで読んできた漫画が偏っていただけかもしれないけれど、心の中の、人生でまったくノータッチだった部分が突き動かされたかのような。

安直な表現でお茶を濁させてもらうなら、インディーアニメの大規模なコンクールか何かで賞を獲得しそうな世界観だと思いました。……我ながらチープだ。反省。


【なげなわマン】
で、次がコレっスかw 確信犯的な収録順に混乱をきたしました(;^^
ありとあらゆるベタが炸裂してますが、すごく活き活きとした作風ですねw

よっぽど「なげなわチャージ」を世に発信したかったのでしょう!


【カウントダウン】
これも不思議な物語だな~、既存の作品に対するアンチテーゼだかアイロニーだかが包含されているのかな~、などと思いながら読みましたが、あとがきのコメントを読んで得心いきました。

作者によるセカイ系の作品なんかも読んでみたいですねw

あとタヌキ可愛い。


【バーバラ】
これはひど……いや、人間の格差を埋める魔法の呪文、「美人は三日で飽きる、ブスは三日で慣れる」という格言がありまして……いや、えーっと……。


【泰造のヘルメット】
本作品集のなかでは最も「それ町」にカラーが近いかも?
泰造のヘルメット、外して落下するよりヘルメットを両手で抱え込むようにして耐えたほうがよかったんじゃ……などと一瞬でも思ってしまった私は「乗っているエレベーターが万一墜落したとしても、着地する直前にジャンプすれば無傷」とマジで考えていた物理2の男です(;^^


【ヒーロー】
何と心を打つ作品……ってアフタヌーン四季賞受賞作品ですか、おみそれしました。

若者の悩みを変化球に見せかけつつ直球ド真ん中に表現したうえ、ラストの甘酸っぱい締め括りに読後感は最高。こういう作品書(描)きたいなぁ、と素直に思います。


関連記事:
それでも町は廻っている(3)
それでも町は廻っている(2)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。