スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月12日 [21:36] コミック感想 

ドロテア~魔女の鉄槌~(6)/Cuvie

5巻感想は抜かしちゃいましたが、この6巻で完結ということで。

コンラートとの決着以降、ちょっと駆け足気味というか急いで畳んだ的な印象を多少受けましたが、下手に引き伸ばさず丁度良い長さにまとめたなと思います。
エデウィッヒのアレとかは唐突に過ぎましたが(;^^

脱獄に色仕掛けは基本デスね♪ ドロテアにああいう類の機転が利くのかと疑問に思いましたが、女の武器はある意味最終手段だったようでw


結果として魔女狩りの身代わりが立ってしまったドロテア。また新たな十字架を背負ってしまいましたが、残り話数の都合からかギュルクがいきなり逞しくなることで彼女の支えになったようですw

しかし見た目はまだまだヘタレ。本当に護れてるのか不安を抱きつつも(大きなお世話)頑張れ、ギュルク。~完~
スポンサーサイト

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。