スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月15日 [17:01] コミック感想 

らいか・デイズ(4)/むんこ

らいか・デイズ(4)


素晴らしい。


の一言に尽きます。

賛辞の表現として普段何気なく口にしている単語ですが、この漫画にこそ相応しいのではないかと思わせる、そんな作品です。

6日に購入してから現在まで5回読み返しましたが、この4巻が決め手となり、AKHUA的2006年度漫画ランキング(下半期/総合)暫定1位に躍り出ました。老若男女属性問わずプッシュできる作品です。
4巻では来華と竹田のモジモジラブっぷりも板についてきたためか、周囲の人物と絡めたお話が多数。特に担任の藤田先生のお見合い、そして書き下ろしもある蒔奈と財津先生の活躍が目立ちました。

また、男の友情、女の友情を描いた二編(竹田と小西、蒔奈とまなみ)が興味深いです。
内容的には小学生らしさを強調しつつも、大人にも共通し得る絶妙な着眼点がうかがえます。
水と油のように見えて実はウマが合う竹田と小西の関係は面白い。

今回感動したのは、蒔奈の祖母が手術をする回でした。
自分では蒔奈を励ましてあげられないと悩む来華と、一見ドライな振る舞いをしつつもいちばん蒔奈のことを思いやっている財津先生。「浦部、指相撲しようぜ」は子供を相手にするには勿体無さ過ぎる格好良さ。

もちろん来華・竹田ペアも健在ですが。留守番、入浴、看病等々、ゼータクの極致ともいえるイベントが……ほんのり頬を染める味わいで繰り広げられます(;^^ 小学生ですから!

小学生といえば、この作品はサザエさんや名探偵コナンのようなループ漫画なんですね。来華たちは小6で固定の様です。
しかしそうなると季節のイベントなど使えるネタに制限が出てきてしまうのでは……。
途中から時間が経過し始める、とかあるのかなぁ。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
私も4回くらい読んだーwww
さすが師匠です。

貴方の師匠は「俺は普段から素晴らしいとか滅多に言わんけど。」と強気です。
2006/10/15(Sun) 22:43:13 | URL | いちごぅさん #-[ Edit.]
再読性のある漫画って、時間が経っても心に残り続けるものだとと思います。

師匠のお言葉は漢気溢れていて"素晴らしい"!
2006/10/16(Mon) 15:28:12 | URL | AKHUAさん #-[ Edit.]
『』 
漢気溢れた兄は嫌だー
ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

私は竹田のような息子が欲しい。
そして、来華のような子を連れて来て欲しい…
でも夫が単身赴任は嫌ですww
2006/10/17(Tue) 00:53:22 | URL | いちごぅさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。