スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月29日 [18:55] コミック感想 

Fate/stay night(2)/TYPE-MOON(原作) 西脇だっと(漫画)



PCアダルトゲームとしては驚異的な売り上げを記録した「Fate/stay night」のコミカライズ版、第2巻です。
1巻の表現的な拙さは克服されたように思えますが、今巻はアクションシーンが少なめだったので、今後どうなるかはお楽しみ、ということで。
内容としては、士郎がバーサーカーにペシャンコにされたシーン(笑)から、ライダー初登場まで。
途中、凛のアーチャー召喚シーンが回想的に挿入されており、その後士郎との放課後学園追いかけっこ(ガチ)も収録されているため、表紙も含め凛分が多めの仕上がりとなっています。

桜と藤ねえの紹介が今更……と疑問に思いましたが、1巻に全く登場していなかったことを知り驚き。
やはり不運のメインヒロイン・桜はお飾り的な存在になってしまうのでしょうか……。

士郎が凛の腕を掴んで攻撃を封じ込めた辺りのシーンはオリジナル要素かな? なにぶん記憶が曖昧なので、アニメはともかく原作のシーンを思い出すのが大変です(;^^

ところで……今後の内容はアニメと原作のどちらに準拠していくのでしょうかね。柳洞寺の一戦は桜を絡めるアニメ展開を使う気がしますが、あれもどこか間に合わせ感があるからな~。
時期的にPS2のオリジナル部分があったら嬉しいかも。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。