スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月25日 [20:51] コミック感想 

NHKにようこそ!(6)/滝本竜彦(原作) 大岩ケンヂ(漫画)



現代社会において無視できない若者の「ひきこもり」を生々しくもコメディタッチに描いた、滝本竜彦の小説を原作とするネガティブ・コミックです。

初回限定版は何と、作中で佐藤と山崎が作った美少女ゲーム「True World~真実のセカイ~」が同梱。

レビューのネタにそちらを購入すべきか迷いましたが、逡巡して通常版に落ち着きました。こっちの方が表紙の岬ちゃんが可愛かったのでw(ぉ
岬ちゃんを天使と崇め、現実逃避に励む佐藤の姿がついに親バレ……。父親は「嘘でもいいから、自分より大きな事を信じていれば、きっといい方向に転がっていくのにな…」と零しますが、佐藤の妄想はさらに電波な方向に……。どうも佐藤には躁鬱の気もうかがえるように見えるのですが(;´Д`)


一方、学校での岬ちゃんにも精神的限界が露わになってきたようで。「このクラスに仲間はずれにされてる人がいます!! 中原岬さんです!!」には笑えましたが。
また、スクールカウンセラーの城ヶ崎と佐藤の先輩・柏瞳との夫婦仲も険悪で……と、主要登場人物には全員心に深い闇を持っているので、ダークサイドでお腹いっぱいになってしまいます、マジで。


山崎はようやく七菜子に対し心を開いた途端、彼女にとんでもない理由で打ち捨てられてしまいます。いや、そりゃないだろと思いましたw

ただ、オタク趣味に限らず、山崎の「もう何一つ…僕の胸に響く物は存在しない…」という虚脱感には少なからず共感できる部分があります。
ファーストインプレッション、全く無知の状態から新しい世界へ飛び込んだときの感動は何にも代えられないのも事実。知れば知るほどに目を覆い、耳を塞ぎたくなる場合も存在しますし。まさに「幼い日に見た天国は…このぱさぱさする現実に飲み込まれた」。理想が現実に食い荒らされる瞬間という奴でしょう。


佐藤が先輩との不倫を画策している間に、何とトロトロこと四郎がひきこもりを脱出w 岬ちゃんのリストカットで救われたのだから驚きですが(;^^

佐藤は本当にどうなってしまうんでしょうか。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。