スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月21日 [00:00] コミック感想 

さよなら絶望先生(6)/久米田康治



早いものでもう第六集ですか。表紙の糸色望のポーズが第一集と寸分違わないことに気付いてしまいました。まさか5巻周期!? 絶望した!!
今巻の新キャラは加害妄想少女・加賀愛。当然「加害」から膨らませた命名でしょうが、あの某喫煙娘。と偶然にも一字違い。久米田先生お好きですものね。あと安○祐美とか、河合○門とか。

この巻に収録されている話が雑誌に掲載されたのは、ちょうどW杯がW敗になって期待しすぎた日本人たちが落胆していた時期のため、ちょくちょく日本代表ネタが見受けられますね。もちろん、「ゴールから避けられし代表フォワード」として我らがヒーローもきっちり押さえてあります。

これ以外の時事ネタを探してみましたが、意外と見つからず。強いてあげるなら政治風刺ネタは鮮度落ちが早そうですが、ある程度時間が経ってから読んでも笑えるよう心がけていたりするのでしょうか。
しかし、5年や10年も経てば、ほとんどのネタが風化しきっているでしょうけど……(;^^


さて、前作「かってに改蔵」にて「アヤナミ以降の包帯はあざとい!」と切り捨てた久米田先生自らが描く被DV疑惑の包帯美少女・小節あびるですが、なんだか着々と萌え要素が加わっている気がします。
「内モモに湿布」とか、「実は運動が苦手」とか「飼ってる小鳥が死んじゃった」などなど……あざとい!

第七集収録分?の話でも、「たまにお父さんとお風呂に入ってる」という衝撃発言が……(;´Д`) 後付けキャラ設定が底なしって感じですねw


今回の私的ベストヒットは「期待するな」の回のオチですね……誰だって少しは期待して欲しいものです(;^^


関連記事:
さよなら絶望先生(5)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。