スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月23日 [23:00] コミック感想 

よつばと!(6)/あずまきよひこ



平成18年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した、天真爛漫な5歳の少女、小岩井よつばを中心とした日常を描くストーリー・コミック、いつもどおりの第6巻です。

大口を叩ける立場ではないのですが、ようやくこの作品も「掲載誌の方向性」などといったネックの部分に捉われず、正当な評価を得られるところまで来た気がします。

私もこの作品の連載開始直後は「あずまんが大王の抜けた穴は埋まらない」という諦観が少なからずあったのですが、今ではその欲求が根本的におかしかったのが認識できますし、既に「よつばと!」にぞっこんです。
「よつばとリサイクル」

ダンボーの正体を口走りそうになったみうらにクッションを投げつける恵那w
冬になったらサンタさんの話題で同様の掛け合いが拝めるかもしれませんね。

風香は父親似、あさぎは母親似かな? それにしても風香のTシャツのセンスは相変わらずぶっ飛んでますな。作品内でも「どこで買ってるんだ」という疑問は出ていますが、実は自作していたとかだったら面白いですねw


「よつばとポタリング」

ポタリング」という単語は初めて耳にしました。「自転車でぶらつくこと」ですか、なるほど~。

よつばと虎子の折りたたみ自転車談義はかなり笑えました(^^) 上手い説明が思いつかず、あさぎに「何にも情報増えてないよね」と突っ込まれる虎子が良いです。

あさぎは、純粋で何事も信じて疑わないよつばをからかって愉しむのが好きである一方で、子供ならではのやんちゃな行動に少々持て余し気味な一面もあるようですね。虎子は無愛想だけど常識人。


「よつばときんようび」

よつばの夢の中、スーツを着てランドセルを背負っている恵那のシュールさといったらw

「なんでお父さんのも食べちゃったの?」
……こどもってくいしんぼうだから…
よつば、意外と確信犯?


「よつばとはいたつ」

よつばが自転車を買ったときに言った「どこでもいける! どこまででもいける――!」がこの話に結びついているわけですね。

数々の困難を乗り越え、風香の通う高校に(奇跡的に)到着したよつば。
「くにがつくったにちがいない」と呟くよつばの真横の学校表札に「県立」の文字が見える、粋なギャグがありました。わかりづらいです。

とーちゃんに怒られて、げんこつをもらって、大泣きして、また一つ成長していくよつば。親子のあるべき姿が描かれていると思います。
スポンサーサイト

Re Comments.

『』 
新巻が出る度に一巻から読み返してしまう程の溺愛っぷり。コレを書いてる彼は最高です。
私を退屈させません!!!
2006/12/25(Mon) 01:05:19 | URL | いちごぅさん #-[ Edit.]
確かに、読み返してみると気付くことが多いのも特徴ですね。それだけきちんと作り込まれた物語であることがうかがえます。
2006/12/25(Mon) 22:18:22 | URL | AKHUAさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*よつばと!(6)/あずまきよひこ* のトラックバックURLはこちら
  • http://comicure.blog48.fc2.com/tb.php/53-6c3d0e30
  文化庁メディア芸術祭 文化庁メディア芸術祭文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうめでぃあげいじゅつさい)は文化庁主催による芸術祭。日本文化の向上と振興のために、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、平成9年度から毎年実施されている。アート、エンターテイ

2007/02/27 10:11:36[ミユのblog]

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

    管理者:AKHUA (あくあ)
    後天的漫画オタク。 私財の4割を漫画、7割を趣味に費やしてます。

    AKHUA

    コミックダッシュ! AKHUA の所有コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。