スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年12月24日 [00:15] コミック感想 

ハヤテのごとく!(9)/畑健二郎



ついにアニメ化!! ………………ともっぱらの噂で――♪
なにはともあれ――
やっぱハヤテが――
アニメになったり――するんじゃないかなぁ?


と、ヒナの歌をネタにしてみましたよ。詳細は第95話(9巻10話)をご覧下さい。
第9巻、前半はヒロイン達の満遍ないショートエピソードが続き、後半からついに「ヒナ祭り祭り」、すなわちヒナ(ギク)祭りがスタートです。紛らわしいな。


ここでもやっぱりヒナ絡みですが、まずは西沢さんのMTB話に注目してみます。

ハヤテと西沢さんの出会いは、急坂で西沢さんのMTBのブレーキが利かなくなり、曲がり角でガードレールに衝突、崖下へ転落しそうになったところをハヤテが受け止めて助けたというものでした。…………ん? 受け止めた?

ハヤテは余裕で西沢さんを抱き上げていたけど、衝突の際の衝撃力はどこに行ったのかな?

二度目はかなりの後方から西沢さんを追い越し、顔面でMTBの前輪をモロに受けるという離れ業をするし……ハヤテは超人以外の何者でもないですね……!

まぁ彼女は、その場の流れといえども中々に幸せなデートを体験できましたが、相変わらず不幸なのは、ハヤテに不躾な失言を連発されながらぬいぐるみ一つでまたも丸め込まれたマリアさんですよ(;´Д`)

マリアさん話のラストのクライマックスシーンはいつも「聖夜」的イメージで描写されているのが、普段の薄幸さを引き立てているような気がします……。


ヒナ祭り祭りではついに、あの伝説の新キャラ綾崎ハーマイオニー」の降臨。
巻末の作者によるキャラ解説によると、「読者がひくくらいのことをやったら予想外に反響があり、それが主に20代男性だった」ということですが、畑先生は読みが甘いですね。

今の時代、男の子でもかわいいは正義という風潮なのですよ!


さて、夜の生徒会室にてヒナとハヤテが誕生日の密会……? ではなく、決闘……? それとも……と、いいところで10巻へ続くとかなんとか。次巻はヒナイベント決着、100話&ナギの漫画や人気投票?など盛り沢山の内容ですよ。


関連記事:
ハヤテのごとく!(8)
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。