スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年01月27日 [21:04] コミック感想 

CYNTHIA_THE_MISSION(4)/高遠るい



月間コミックZERO-SUM増刊「WARD」にて連載開始、現在COMIC REXに移籍して連載中の美少女格闘漫画の第4巻です。

役者がある程度揃い踏みし、展開は加速、さらに暴力描写にも磨きがかかってまいりましたw
シリアスなバトルシーンとデフォルメタッチのコメディ表現を物凄い勢いで往来する独特の作風は健在。

なお、今巻は本編4話、「WARD」に掲載された外伝「季刊おねえちゃんがいっしょ」2話という構成です。
ブリギット対四方犠は弑ぽん(笑)の圧勝。ブリギットはもう一手くらいは反撃の手段を持っていると思っていたので、割とあっけない印象が。
にしても、果苗の為なら殺人をも厭わない四方犠。「守る」範疇を超えて残虐行為に及ぶ、けっこうヒドい性格も露呈してきました(;^^


時を同じくして、ほたるの父・紫水智衛がシベールによって抹殺されます。
ひつまぶしとひまつぶし……確かに似てますがw
踵の骨って頭蓋骨より固いのか。初めて知りましたわ。


ようやく退院できたシンシアは帰りがけにファントムに攫われ、阿頼耶は絞殺(失神?)されてしまいます。ファントムの顔面初出しなワケですが、顔こええ。そのうえ強いんですね~。シベールと相打った戦歴もありますし(季刊~14号参照)。

ファントムによってゾンビ化され、シンシアとの死闘の後自爆したブリギット。まったくいい所無しの最期……。シベールの捨て駒の一つでしかなかった少女テロリスト、あわれ。
てか、彼女とグレンチコが退場してしまうと、コメディパートが大打撃(;^^
巻末のように幽霊でもいいから再登場願いたいです……。


そして流れは5on5のガチンコトーナメントバトルへ……って、エエエ!?
この作品にしちゃあ超展開な気が……まぁ面白ければいいんですけど。
恐らくベタなところで阿頼耶対カルロス、シベール対シンシアが来そうですねぇ。
あ、そういやさっき絞殺って書いたけど、阿頼耶の解放を約束したって事は死んでないのか。「屍人遣い」とかゾンビとか言ってるからてっきり。
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

Trackbacks.

    *スポンサーサイト*CYNTHIA_THE_MISSION(4)/高遠るい* のトラックバックURLはこちら
  • http://comicure.blog48.fc2.com/tb.php/67-85e26862
  【CYNTHIA_THE_MISSION】 CYNTHIA_THE_MISSION『CYNTHIA_THE_MISSION(シンシア ザ ミッション)』は、高遠るいによるアクション漫画。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Li

2007/02/11 22:47:09[このマンガが読みたい!]

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

    管理者:AKHUA (あくあ)
    後天的漫画オタク。 私財の4割を漫画、7割を趣味に費やしてます。

    AKHUA

    コミックダッシュ! AKHUA の所有コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。