スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年03月29日 [00:46] コミック感想 

マリア様がみてる(7)/今野緒雪(原作) 長沢智(漫画)



本blogでは初掲載のため、簡単な作品紹介をば。

原作はコバルト文庫、同タイトルにて原作・今野緒雪、イラスト・ひびき玲音で現在…………えーと何冊だっけ……28? プレミアムブックやイラストコレクションがあるので厳密には26かな? 3/30には新刊が出ますが……とにかく、とても巻数の多い長期連載の少女小説であります。(*1)

思春期の女子特有の、友情から一歩踏み越えた精神性を表現した所謂「百合」作品の先駆け的存在と言えます。(*2)

大きいお友達に捕捉され大ブレイクして以来、アニメやドラマCDなどのメディア展開も広くなされ、マーガレットで長沢智の手により漫画化されたのが本作。

通し番号は今回で7巻、基本原作に忠実に作られています。(*3)

作画面に関しては個人的な印象ですが、初期に比べて違和感も少なくかなり好感の持てるタッチになってきたな、と。
ひびき玲音の絵に近付いたというよりは、作者(長沢智)が自らのキャラクターとして固定化できるようになったのかな。なので初登場のキャラはどこかしら微妙です(;^^
見てくれにおいては未だに祥子さまが「なんか違う」と感じますが、所詮は読者の戯言に過ぎませんw

そんなわけで今巻は「黄薔薇まっしぐら」「いと忙し日日」「片手だけつないで」の3編が収録された「いとしき歳月」です。


(*1) Wikipediaの該当項目が途中から更新されてなかったので焦りました(;^^

(*2) この辺の説明に関しては、引用こそしていませんが受け売りの部分が大きいので「そんなものか」程度で流していただけると光栄です。

(*3) 短編は多少前後しているようです。
「黄薔薇まっしぐら」はロサ・フェティダこと江利子さまを中心に巻き起こる地味にエグいトラブルのお話ですね。
「黄薔薇革命」時の妊娠騒動といい、本人の居ない所で大問題が勃発するという……まるで「江利子さま観察記」ですなw
前回は明らかに濡れ衣的な冤罪ではありましたが、今回はいかがなものか……。いや、責任の所在は選り取り見取り多種多様なジャンルを取り揃えたるお兄様方にある、という考え方もなきにしもあらず、といったところでしょうか(;^^

この話ではゴシップ狂の執念を剥き出しにして目をぎらつかせた果てに鼻をへし折られるまでの活躍を"魅せた"新聞部部長・築山三奈子さまのポイントが高いです。お嬢様学校なんだから、いやそれでなくとももう少し自重しなさいw

それと山辺氏初登場ですか。ちょ、思ったよりイケメンw ヒゲもじゃww コメントし辛いですがしたいですw 
恐竜「ピプシロホドン」に喩えられてときめく江利子さまには不覚にも笑ってしまいました。「だって恐竜に喩えられたことなんてなかったから――」そりゃそうだw


「いと忙し日日」は薔薇様のお別れ会、つまり祐巳の伝説あるいは黒歴史の安来節が拝めるエピソードです。
原作ではどうだったかちょっと覚えていませんが、一応祐巳が何をやるのかまでは本番まで言及されていないんですね。

次の「片手だけつないで」にも言えますが、蓉子さまの気の配り様はすごいです。本当に高三か、と問いただしたくなるほどですよ(;^^
さよなら会に関しては、気遣いが過ぎて逆に空気が読めてなかったという稀有な事例というわけですか。しかしすぐに的確な状況判断をするところは優等生の蓉子さまらしいと言えますね。


「片手だけつないで」は聖さまと志摩子さんの成り染めが大公開。これは「いばらの森」収録の「白き花びら」とセットで読みたいところ。

「大切なものができたら自分から一歩引きなさい」という最上のアドバイスを与えた先代白薔薇様は偉大です。もしかしたらマリみて一偉大かも。
客観的に見るだけじゃなく、一歩引くからこそ、自らの行動に迷わず助走がつくという意味にも取れるかな。

そして今回かませな祥子さま……(言うな

白薔薇のシリアスエピソードはいたく感情移入できるものが多いですね。深みがあります。
黄薔薇が可哀想なくらい。(引き合いに出すな

いや、黄薔薇ファミリーは黄薔薇ファミリーで好きなんですけれども!(汗
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。