スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月29日 [21:50] コミック感想 

未来日記(3)/えすのサカエ



時空王デウス・エクス・マキナによって選ばれた桜見市の12人が、それぞれ特色を持った未来がわかる『未来日記』を利用して殺人ゲームを行う、という後に引けない設定のサバイバルアクション、第3巻です。

ネットでの感想を読む限りでは、由乃の狂人的な振る舞いが注目の的になっているようです。
私個人としては、今後9th.雨流みねねや4th.来須圭悟がどう絡んでくるのかに興味が湧いてしまうのですが……あれ、まとめに入っちゃったよw
巻を跨いだものの6th.春日野椿とは早々に決着。
珍しく(笑)由乃がか弱いヒロインとなり貞操のピンチを迎え、不甲斐ない雪輝を奮い立たせたり。
ここまで計算ずくだったりは……しないよね?(;^^

そして由乃の携帯(雪輝日記)に「7/28 ユッキーが由乃と結ばれる。HAPPY END」というフラグが。DEAD ENDとは逆のパターンでしょうかね。そしてDEAD ENDと同様奇跡的に回避可能なのかも気になりますw

一方、手負いとはいえテロリストのみねねを捕まえておきながら、「メールアドレスの交換」を条件に逃亡を許した来須。その意図とは……?


続いての舞台は雪輝の自宅。
雪輝の母親を巻き込みながら5th.豊穣礼佑との死闘へ……。

とりあえず、今巻の感想が主に由乃一色になってしまうのが致し方ないように思われるのがこの一件ですw
家宅侵入を平然とやってのけたり、"もしも"の時のためにと雪輝の母親を始末する"道具"を持参したり……。
由乃は勿論の事ながら、礼亜ママの大らかさも異常といえば異常です(;^^

今回はこれまで以上にツッコミ所の多い展開でした……w
毒入りプチトマトはともかくとして、ドライヤーターボにしてブレーカー落ちなかったらどうすんのとか、青酸ガスとかそもそも礼佑の行動にもっと注意を払えよとか……。
一応頭脳戦の形態をとっている以上、あまりチープなやり取りは見たくないです。


4巻からは学園編がスタート。日記の所有権を第三者に移譲したいという10th.は一体何を企んでいるのでしょうか。この漫画、引きは上手いんだよなぁ(;^^
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。