スポンサー広告 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | no-trackback | Edit | Page Top.↑

2008年01月18日 [00:10] 雑記 

あけてから半月経ちますがおめでとうございます

丁度1ヶ月ぶりの更新です……狙っていたわけではありません(;^^
デッドブログにはしませんよという心意気で、勝手を忘れながらも更新再開です。

いやしかし、年末年始という個人的に最も時間が取れ、かつユニークビジター数が多かった時期にぱったりとストップするツンデレブログはかなり「ナシ」だと思いました……反省(;^^

そして12月購入分までやると言った舌の根も乾かぬうちに、9月分までしかできそうにないなー、などと抜かしてみたりw
06年の9月開始で1年やれたのでキリがいいかな、と。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2008年01月17日 [23:57] コミック感想 

夏のあらし!(2)/小林尽



「現代」と「戦時中」を往来するタイムリープ、そしてその運命に時に翻弄され、時に立ち向かう少年少女を描いた「夏のあらし!」の第2巻です。

今回表紙のカヤと潤にもスポットが当たります。そして潤の秘密に関しては、ネチネチと引っ張らずにあっさりとバラしてきましたw しかしまだ伏線は温めている感じですね。

2巻の時点で既に話の方向性はおぼろげながら見えてきたので(着地点はわかりませんが)、それほど長期連載にはならず、きっちり纏まったヴォリュームに納まるように思えます。や、この発言は某スクランへのあてつけなどではありませんので邪推なさらぬよう……(;^^


↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月18日 [23:15] コミック感想 

スコアブック/小箱とたん



「スケッチブック」の作者、小箱とたんの初期の作品を集めた貴重な短編集……ではなく、「コミックブレイドMASAMUNE」で連載されていた「私は野球部マネージャー」全8話と、スケッチブックのショートコミックを合わせて収録した単行本です。

タイトルを「スコアブック」に改題するのはよしとしても、「作品集」と銘打つのはどうなんでしょう。装丁を統一させた「スケッチブック」とは別の作品ですよ、と強調して差別化を図る意味合いなのか……。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月17日 [23:56] コミック感想 

スケッチブック(4)/小箱とたん



月刊コミックブレイドにて連載されている4コマ漫画作品の第4巻。なんと、1年8ヶ月ぶり(!)の新刊となります。なので、当ブログ初紹介。
10月よりTVアニメの放送も開始し、まさに売り時といった感じですね。

内容は有象無象の萌え4コマとは明らかに一線を画す形容し難い作り。
まず「日常のあるあるネタ」は4コマとしては王道ですが、この作品では徹底した捻りを利かせてマニアックな所に手が行き届いていますw
「もしかして自分だけ?」と思っていた他人に理解されにくいネタが出るとかなり驚くうえに満たされた気持ちになりますね(;^^

あとは「スケッチブック」というタイトルと美術部という設定に即した「美術ネタ」。これは割と経験者のみにベクトルが向けられたものが多し。
そしてなぜか「虫知識」を初めとした「自然ネタ」。トリビアのようなネタも多く、感心させられることもままあります。

こんな感じで、基本空気系のほんわか4コマの体裁を保ちながら、幅広いジャンルに鋭く切れ込んでいくのがこの「スケッチブック」という作品なのです。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

2007年12月13日 [19:35] 企画 

コアに行こう エロマンガ10

酔拳の王 だんげの方様にて実施されている漫画読み・漫画好きのための企画に参加させていただきました。

コアに行こう エロマンガ10

概要は前の記事で紹介したのでサクサク行きますよー。
集計用は下の方にあります。


※注意※
本記事は性的な表現やリンクが含まれています。
18歳未満の方、性表現に嫌悪感を抱かれる方の閲覧はご遠慮ください。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月12日 [22:52] おしらせ・ご挨拶 

今後について

2007年ももうあと半月といったところでしょうか、早いものです(;^^

さて、当ブログでは一昨年10月より、右柱の購入リストに記載した単行本作品をすべてレビューするという、遅筆な筆者にとってかなり無理のあるスタイルで更新してきました。

しかし現状では9月購入分にようやく差しかかろうかといったところで、新刊のレビューを「旬な時期に」お届けできないことに悩んでいました。

そこで2008年は思い切ってこの枷のような自分ルールを捨てることに決めました。
とはいえ今年の分はきっちり清算しておきたい気持ちが強いので、これから3~4ヶ月ほどかけて12月購入分までレビューし、その後は「全レビュー」に固執せず、気の向くままにやっていけたらな、と考えています。

恐らく来年の4月に社会人デビューすることによって更に更新時期が不定期になるでしょうし……w

とりあえず、もう少しこの亀のように遅いレビューを楽しんでいただけたらと思います。よろしくです。



************************************



今年の「マンガナツ100」は諸々の事情で参加できなかったのですが、この度「フユ10」が開催されるとのことなので、やってみようかなと。

コアに行こう エロマンガ10


●選考基準

あなたがエロスを感じたマンガを10冊選んで、サイトに掲載してください。

簡単なまとめ

○成年向けマークはあってもなくてもOK
○単行本化されている
○アンソロジー(雑誌)は不可
手淫(判断基準)
○ジャンルもよろしくお願いします


ちょwww
まぁでもウチは頑なに成コミ/エロ中心の非成コミのレビューは避けて通ってきたので(*)、はっちゃけるのにいい機会かもしれませんw

(*) だってレビューし辛いし、無防備に自らの性癖を公衆の面前に晒すようなものだし……覚悟の問題でしょうが。


明日辺り書けたらUPします。

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月10日 [22:54] コミック感想 

ひぐらしのなく頃に 宵越し編(2)/竜騎士07(原作) みもり(漫画)



「ひぐらしのく頃に」の漫画オリジナルとなる外伝、宵越し編の第2巻。完結巻です。

相変わらずネタバレ全開の感想でいくつもりですが、あまり緻密な考察や指摘は期待しないでくださいw
筆者自身「へぇ~~」で済ましてしまうところがありますので(;^^
これでよく推理ものとか読んだりするよな、と嗤ってしまうこともままあります。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月09日 [21:48] コミック感想 

アットホーム・ロマンス(1)/風華チルヲ



「まんがタイムきららキャラット」にて連載中の変態家族愛コメディ4コマアットホーム・ロマンス」の第1巻。
極度のマザコンである弟と極度のブラコンである姉を主軸に、落ちぶれた元プロレスラーの父親や家を出てしまった母親、SM気質満載の友人姉弟など何でもアリアリの登場人物が毎度ハメを外します。

きらら系の作品は大抵そうなんですが、いわゆる作家買いです(;^^
清純かつ取扱い注意である「マリみて」同人において、1.5頭身糸目にデフォルメされたキャラたちが度々失禁しながら姉や妹にハァハァするというある意味挑戦的な作風が筆者に大ヒット。そして私以外にも受けたのかどうかは定かではありませんが(受けたんでしょう)、きららキャラットにて連載が決定したという流れ。言うなれば同人時代からのおっかけみたいなものです(典型的な優越性の主張行為)。

なのでこのような作風であっても何ら動揺することもなく、逆に商業誌連載ゆえのヌルさも感じられます! これは作者が空気を読んだうえでの自制か、編集者の保守的愚策か。今後は更なるブッ飛びに期待せざるを得ません。せめて失禁浮遊まではやってもらいたい。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月09日 [12:53] コミック感想 

すもももももも~地上最強のヨメ~(8)/大高忍



格闘ラブコメ「すもももももも」の第8巻。
ついに武術の修行を受けることを決意した孝士と、これまで安楽の場であった学校に踏み入る「明らかに裏の顔があります」的な優男、猿藤優介の登場。

長編ではなくとも、着実に物語は進行しているのが窺えます。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年12月01日 [18:18] コミック感想 

ヤンキー君とメガネちゃん(4)/吉河美希



マガジンの変化球ヤンキーギャグ漫画、「ヤンキー君とメガネちゃん」の第4巻。

「ヤンキー漫画は絶滅した」と言われて久しい週間少年マガジンですが、ギャグとはいえ不良・ヤンキーキャラを大量投入し、話が複雑になってくると何だかんだで暴力で解決するこの作品は「ヤンキー漫画のスピリット」を持っているのではないかと思いますw

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    買った漫画を片っ端からレビューしていきます。
    「↓Open. 」以降の文章は基本的にネタバレ配慮無しなのでご注意下さい。

    ジャンルはギャグ、ラブコメ中心。
    雑誌単位ではCOMIC REX、週間少年マガジン、少年エース系が多し。

    管理者:AKHUA (あくあ)
    後天的漫画オタク。 私財の4割を漫画、7割を趣味に費やしてます。

    AKHUA

    コミックダッシュ! AKHUA の所有コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。